睡眠も充分にとり、ストレスを溜めないように気をつけよう!

ストレスも薄毛の原因?

煩雑で忙しい現代社会では、何かとストレスが多くなりがちです。身体に何かしらの不調を感じている人も少なくありません。男女を問わず、薄毛に悩む人も増えているといわれます。こうした近代的な悩みの多くに、現代人のストレス、食生活や生活習慣が大きく影響しているのも否めません。まずは悩みをもたらす原因を知ることから、その対処法を見いだしていきましょう。
薄毛は、血行不良などにより栄養が行き渡らなくなるなど、発毛を司る毛髪の元となる毛母細胞の働きが阻害されることで起こります。要因としてあがるのは「男性ホルモンの影響」「遺伝」の他、「ストレス」や「食事・生活習慣の乱れ」です。特に、精神的なストレスが溜まると自律神経が緊張して、頭皮の血行が悪くなってしまいます。またホルモンバランスなども崩れやすくなり、思っている以上にストレスは薄毛となる毛髪サイクルの乱れに関与しているといえます。

ストレスを溜めない生活習慣も薄毛の対処法

薄毛を防ぐには、頭皮環境を整えるためのシャンプーを選ぶなど適切なヘアケアを行うことはもちろん、育毛を促す髪の栄養を与えることも大切です。育毛剤を使うだけでなく、食事で髪の主成分であるケラチンなどタンパク質を充分に摂ることです。また、逆に塩分や糖分、油分などの取り過ぎは血行を悪くするので注意しましょう。バランスのとれた食生活と生活習慣が重要です。睡眠不足や運動不足も血液循環を悪くし、髪へ栄養が届きづらくなります。肌や髪の健康を保つ22時~2時のいわゆるゴールデンタイムにしっかりと睡眠をとれるよう心がけることです。充分な睡眠をとることで、ストレスや悩みも解消しやすくなります。また、薄毛治療を行っている育毛の専門家に相談するのも一考です。いずれにしても気分転換を上手に図ったり、一人で悩まず、ストレスを溜めないよう気をつけることが薄毛の対策ともなるのです。